遠ざかるのを見ながら

エピソード文字数 267文字

 ぼくが近づくと
 事物は遠ざかる
 人であれ物であれ出来事であれ
 なにもかもが遠ざかる
 淡く霞む
 ぼくでさえがぼくから遠ざかるので
 もう慣れてしまった
 なにもかもが遠ざかる
 なににも触れられない
 この疎隔感は所与のものなので
 どうしようという気にもなれない
 ただ何年も何年もすべてが遠ざかるのを見ていると
 結局ぼくは
 生まれなかったのと同じだなって
 なにひとつ触れられないまま
 ぼんやり思う
 とりあえず泡のような言葉を
 風に浮かべてどこかに飛ばしながら
 早く死なないかなって
 口にしてみて笑ってみる
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み