老人と丘

エピソード文字数 464文字

 だれもが時を背負っている
 そのことをつい忘れてしまう
 だれもが朽ちてゆく過程の真っ最中
 そのことをつい無視してしまう

 見てごらん
 しなびた枯れ木があるだろう
 あれがおれだ
 おまえの祖父だ
 そしておまえだ

 わかりません
 ぼくにはわかりません

 丘を風が渡っていた
 老人が歌を口ずさんだ
 子どもが枯れ木を蹴飛ばした
 もうすぐ死んでしまう犬が吠えた

 考えてごらん
 無力を王冠として授かった
 それがおまえの人生だ
 おれの虚無だ
 時の使命だ

 わかりません
 ぼくにはわかりません

 丘はいまでは見るかげもない
 切り崩された
 均された
 駐車場という名の墓場になった

 注意しろ
 過去はまたたくまに去っていく
 丘がいまでは消えたように
 おれがいまでは死んだように
 おまえがいずれ死ぬように

 わかりません
 ぼくにはわかりません

 いまではよくわかっていた
 そのときもわかっていたのだ
 老人よりもわかっていた
 老人はわかっていなかった

 死んでしまった犬が吠えた
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み