冬の残像

エピソード文字数 245文字

 走る自転車のライトに
 軌跡を残しながら雪が降る
 夜闇を照らした一角に
 銀の光跡が降りしきる

 坂道を下りながら見れば
 等間隔に立ちつくす街灯のすれすれを
 滝のように光跡が降り落ちる
 流星のように白雪が降りしきる

 寒そうに身を縮こませた歩行者が
 きっとなんらかの想いが去来したのだろう
 ポケットから片手を引き抜いて
 鮮やかに十字を切ってすれ違った

 自転車で走るぼくの眼に
 光に照らされた雪の軌跡と
 通りすがった誰かの祈りが
 忘れがたい冬の残像として残される
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック