明るさを信ぜず

エピソード文字数 269文字

 なぜ暗い方ばかり見るのか
 明るさに顔をそむけなければ
 もっと楽しいはずなのに

 なるほどたしかに
 ぼくもそうは思うけど
 ぼくがもっとも明るかったころ
 ぼくは他人を踏みにじっていた
 明るいままに罵声を浴びせていた
 その事実を
 痛みとともに思い知らされて以来
 明るさへの不信感は拭いがたい

 “悪には悪を想像する力がない”
 酒好きの詩人のそんな一節
 “アカルサハホロビノスガタデアロウカ”
 情死した作家のそんな一文
 暗さの(もとい)を堅固にするため
 そんな言葉を持ち出すほどに
 ぼくは明るさが信じられない
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み