読み間違え

エピソード文字数 362文字

 ずっと読み間違えていた言葉に
 ある日ある時きづく

 たとえばぼくの場合
 血道(ちみち)をあげるという言葉を
 血道(けつどう)をあげるとずっと読んでいた

 それから他にも
 中二階(ちゅうにかい)のことを
 中二階(なかにかい)と読んだり
 大時代(おおじだい)のことを
 大時代(だいじだい)と読んだり
 泰西名画
 (たいせいめいが)だったか
 (しんせいめいが)だったか
 いつも調べて
 また忘れる
 泰(たい)は秦(しん)ではないと
 いつも確認したはずなのに

 きっといまも
 たくさんの言葉を
 間違えて覚えているのだろうな
 死ぬまで気づかない読み間違えが
 きっとまだまだあるのだろうな

 自分の過去について
 他人のこころについて
 同じような読み間違えが
 おびただしいほどにある気がする
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み