深夜の夕日

エピソード文字数 163文字

 言葉によって
 恋を悼んだ
 こころを潜めて
 恋を拝んだ

 更地に立って
 夕日を見ている
 午前三時の
 夕焼けを

 夜は暮れなずむ瀕死だった
 恋は崩れ落ちる霊園だった

 記憶にただよう彼女の声
 詩よりも詩らしい
 優しさだった

 深夜の夕日は
 黎明を待たない病人の悪夢
 死よりも綺麗な
 濡れ羽色だった
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み