時の相貌

エピソード文字数 120文字

 今日と昨日の
 区別がつかない
 時間の相貌失認
 明日の代わりに昨日が訪れても
 ぼくは気がつかずに夜を迎えるだろう
 日々はなぜこんなにも
 同じであるかのように擬装するのか
 装いの剥がれ落ちた素顔は
 残酷なまでに別物だというのに
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み