愛の遅れ

エピソード文字数 123文字

 老人の
 いつ果てるともしれない
 何度も同じ記憶を反芻する
 こだまのような話し声
 なくなってから
 そのこだまがどれほど貴重なものだったか
 わかり始める

 愛は
 いつだって遅れてやってくる
 遅刻を咎めても
 失う前には来てくれない
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック