遅すぎた死

エピソード文字数 198文字

 こんなにたまらない気持ちになるのなら
 生まれてこなければよかった
 それでも生きているかぎりは
 この感情を失いたくはない
 痛みを抱えた生は苦役だけど
 痛みをなくしてしまった生は
 殺す値うちもないほどに虚しい
 そのときぼくは
 死を願わず
 眠りを求めず
 音楽を忘れ
 詩を棄てて
 そうしてぼくは
 空っぽな風景に青ざめることもなく
 遅すぎた死を
 死にきれないままに死ぬだろう
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み