生誕の詩

エピソード文字数 385文字

 ぼくの生まれて初めて口にした言葉は
 なんだったのだろう
 母を呼ぶ言葉か
 父を指す言葉か
 肉体と世界に流れる水を名指したか
 頬に優しく触れる風を名指したか
 (かて)となるべくもぎ取られた果実を名指したか

 ぼくの生まれて初めて出した声
 世界に在るという苦痛と喜びにむせぶ
 ひび割れるような泣き声
 弔鐘(ちょうしょう)のような生誕の産声(うぶごえ)
 幻滅のノイズ
 祈りのモノフォニー

 いまだ生まれ得ぬ胎児のころ
 ぼくはなにを想っていたのだろう
 なにを夢見ていたのだろう
 生の手前の胞衣(えな)に包まれながら
 未生(みしょう)の冷たい死を予感しながら

 夢見る胎児のこころのように
 かすかに震える詩をつむぎたい
 生まれたばかりの声で叫びたい
 初めて口にする言葉で歌いたい
 生まれ死ぬという世界への恋を
 涙を流しながら祝したい
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み