ジャッキー・チェンは椅子の哲学者

エピソード文字数 232文字

 ジャッキー・チェンのアクション映画を見ると
 椅子は座るためだけに存在するのではないと
 蒙を啓かれたような認識を得る
 椅子は武器になり
 盾になり
 跳躍を補助し
 回転の軸となり
 敵となり
 味方となる
 これほど椅子を酷使する人はいないのではないか
 椅子でどれだけ遊べるか
 椅子がどれほど空間を豊かにするか
 椅子からどんな表情を引き出せるか
 その実験を眺めているようだ
 存在に用途はないと
 遊び方は自由だと
 椅子を通じて教えられた気がする
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み