おめでたい錯覚

エピソード文字数 227文字

 自分はこの世でもっとも幸福な人間ではないかと
 幼いときは思っていた
 いかなる場所
 いかなる時間にも
 自分ほど幸福な人間はいないだろうと
 なんて思い上がった考えだろう
 でも時おりいまでもふと
 そんな想いがわき上がる
 笑ってしまう
 なにものもつかみえず
 影と成り果てて
 たびたび死にたいと思い
 たびたび消えたいとさえ願っているのに
 それでもまだ
 自分が祝福されているような錯覚に陥るなんて
 笑ってしまうよな
 笑うしかないよな
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み