収容所

エピソード文字数 175文字

 ずたぼろの孤独が命乞いをするようにこちらを見ている

 知るか

 破り捨てられた童心が死にながら手を差し伸べてくる

 早くくたばれ

 干割れた歌が地べたを這いずりまわっている

 うるさい

 老いさらばえたことに気づかぬまま恋が車椅子で朽ちかけている

 見苦しい

 感情の収容所は
 死体でいっぱい
 正視できない
 殺戮の(わだち)
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック