サイレント映画

エピソード文字数 222文字

 サイレント映画のなかで
 人はとても素早く動く
 超速人間たちの集まりだ
 時の関節が外れている
 つまりそれはフィルムの問題で
 コマの間隔があいているからだ
 時間の空白があらわになるからだ
 欠落のおびただしい世界は
 死の車輪よりも迅速にまわる
 欠けていく
 世界が欠けていく
 音が消えて
 声がなくなり
 人々が素早く死んでいく
 映画の黎明期の二十世紀初頭よりも
 はるかにサイレント映画に近い
 人間の終末期の二十一世紀初頭
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み