人間のいない世界

エピソード文字数 240文字

 月日が過ぎ去るようにぼくも過ぎ去れば
 地上は少しだけきれいになる
 人間のいない世界を
 いちどだけ見てみたかった
 これでいつまでも見ていられる
 ぼくもそのときはきっと人間とはいえまい
 人間ではなくなって
 人間のいない世界にいられるなんて
 夢みたいだ
 夢は願えば叶うもの
 死は夢ではない
 それは必ず来てくれる眠り
 だれも目覚めたことのない眠り
 ぼくの一日はいつ終わるのだろう
 何十年も費やした一日が
 終わりを迎えて眠れたら
 人間のいない夢が待っている
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み