偏頗な患者

エピソード文字数 311文字

 ぼくの病名は間違いだけど
 医師たちを責めはしないでおこう
 偏頗な患者だと
 いじめられては困るから
 窓の格子は隣人から聞いたとおり
 すり抜ける手段が四つある
 そのうちの三つは命に関わる
 隣人は冬の来ないうちに死んだ
 新しい隣人は
 唇が三つあるのにしゃべらない
 ぼくは耳が二つもあるのに
 彼の言葉を聞き取れない
 掌をみておどろいた
 指が
 指が何本も生えている
 五つ以上は耳鳴りによって数えられない
 指はいっぱい
 それ以上は考えない
 医師が扉の向うから呼んでいる
 なぜ顔を出さないのだろう
 もしかして医師は
 ぼくの知っている罪人の顔の皮をかぶっていて
 だから恥ずかしいのかもしれない
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み