夜に読む詩

エピソード文字数 154文字

 夜
 もはやだれも自分を求めないし
 生を根拠づけるすべてが闇に溶けていく
 電線が揺れ
 街灯がまたたき
 ベンチの木材が軋んでも
 なにひとつ響かない
 そんな無音の静寂の夜に
 なぜだかふと出会ってしまい
 初対面の遠さを感じさせず
 朝が来るまで声もなく語り合う
 そんな言葉
 そんな詩を書きたい
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み