明日が来てほしくない三人組の会話

エピソード文字数 832文字

 ――先生、ぼくは思うんです。明日は来ない方がいいなって。
 ――なるほどね。それは何故だい、優等生くん。
 ――簡単なことです。明日は今日よりも死が近い。その一点において、未来は常に下降線をたどります。来るべきは明日ではなく、昨日なのです。
 ――しかし、昨日が繰り返し訪れれば、いずれ私たちは、生まれる前にまで遡ってしまう。それは死と同じことではないだろうか。
 ――なるほど、一理ありますね。さすが老いているだけのことはあるな。では、こう考えたらどうでしょう。重要なのは、昨日と明日の配分だと。死から遠ざかりつづけ、なおかつ、生誕のボーダーラインは踏み越えない。その黄金なるバランスの振り子。
 ――完璧なプランだ。きみはどう思う、劣等生くん。
 ――あらまほしき人生といえるでしょう。
 ――訊いた私が馬鹿だった。唾棄すべき付和雷同性。もっと自分を持ちたまえ!
 ――ご指導ご鞭撻、感謝の至りです。
 ――凡夫が! 口を慎め!
 ――まあまあ先生、憤慨なさらずに。優等生であるぼくは明日であり、劣等生である彼は昨日なのです。ぼくは知によって死を近づけ、彼は無知によって死を遠ざけるのです。
 ――なんと、私は命綱を罵倒していたことになるのか……。劣等生くん、愚生を許してくれたまえ。
 ――絶対に許しません。
 ――それはともかく優等生くん、どうすれば昨日を呼び寄せられるのだろう。
 ――なぜ明日は来てしまうのか。それを考えれば明白です。明日とはなにか。それは夜が終わり、朝が始まることです。だからわれわれは、明日をもたらす夜明けから逃げて、夕暮れへと続く夜を遡るのです。
 ――長い旅が始まりそうだな……。劣等生くん、準備はいいかね。
 ――もとより覚悟の上です。
 ――そんなに殴られたいのか、金魚の糞が!
 ――さあ、先生、劣等生くん、昨日に向かって走り続けましょう!
 ――異議なし!
 ――待ってろよ、昨日!
 ――ぼくたちの戦いはこれからだ!
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み