火葬にされながらぼくが思うこと

エピソード文字数 751文字

 あーあ
 ぼくの身体もついに消えちゃうんだな
 骨と灰は残るけどさ
 しかし人の死体って丈夫なものなんだね
 こんなに長々と焼かないと灰にならないなんてさ
 しかもこんなにいかつい炉を使って
 死ぬのもなかなか大変だ
 昔の平安京とかでは死体があちこちに野ざらしだったらしいけど
 高度な技術がないと衛生って保てないんだね
 きっと未来ではもっと素早く死体を消してしまうんだろうな
 その頃はどんな風に人は葬られているのかな
 注文した翌日にはもう品物が届くなんてのと同じで
 死んだ一時間後にはもう消えてしまっているとかなのかな
 いまはまだ灰になるまでにもそれなりの時間がかかるから
 ぼくもあれこれ物思いする暇があるわけだけど
 あーあ
 でも見てよこれ
 といってもぼくの眼はもう焼けちゃったし
 そもそも死んでるから見られないけどさ
 でもほんと見てほしいよ
 ぼくの死体
 焼けちゃったよ
 光に喜び色を楽しみ花を見出だし
 彼女を慈しんでいた眼は
 さっきも言ったとおり焼けちゃったし
 この世でもっとも素晴らしいものは音楽だという確信を抱かせ
 彼女の声に震えていた耳は
 自分の燃える音を聞きながら焼けちゃったし
 猫を撫で本を開きペンを持ち
 彼女にこわごわ触れていた手は
 なにものも掴まずに焼けちゃったし
 歩いたというだけで赤子の頃に親を感動させその後の出不精の主でさえもどこかへ運びつづけ
 彼女のいる場所にも連れていってくれた足は
 もう働かなくていいんだと喜びながら焼けちゃったし
 こころが傷ついたときどうしようもないほど痛みを訴えて
 錯覚でしかなかったかもしれない恋に狂いそうなほど焼け焦げていた胸は
 今度こそ本当に焼けちゃったし
 あーあ
 あーあ
 あーあ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック