虹がバス停で待っていた

エピソード文字数 94文字

 虹がバス停で待っていた
 お金も持たず
 綺麗な色だけで
 バスの乗り方を虹は知らなかった
 優先席を七色に染めて
 吊り革をくぐる
 バスは終点を通りすぎて
 雨上がりの運び手になった
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み