言葉のポルノ

エピソード文字数 84文字

 感傷的な詩は
 言葉のポルノ
 言語が春をひさいでいる
 それは哀しいことなのか
 やむをえない叫喚なのか
 ぼくにはいまだにわからない
 書いているくせにわからない
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み