水葬にされながらぼくが思うこと

エピソード文字数 215文字

 水
 ぼくを満たしていたもの
 ぼくが満たされていたもの
 いま
 ぼくを浸しているもの
 ぼくの死を浸しているもの

 泡は
 ぼくの生のようだ
 ぼくの恋のようだ
 泡沫(うたかた)とは
 こんなにも愛おしいものだったのか
 こんなにも儚いものだったのか

 ぼくの身体を水が
 浸していく
 生きているときは優しかった水が
 死んだいまでは容赦なく
 ぼくの五体を侵していく

 水に侵されたぼくの魂が
 (あお)い夢を
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み