泡の記録

エピソード文字数 195文字

 日記のように詩をつづる
 事実の記録としては何の役にも立たないけれど
 日々の感情の震え
 消えるしかない想いの幾許(いくばく)かは
 言葉として残せたように思う
 それもほどなくして消えてしまうけど
 いちど言葉にされた想いは
 存在の泡として宙をただよう

 これはぼくの日記ではなく
 無価値で稀薄な泡の記録
 ちっぽけな泡ですら輝きで染める
 水面(みなも)に透ける光を夢見ている
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み