選ばれなかった無

エピソード文字数 175文字

 哀しみに
 耐えられなくて
 消えたくて
 無と悲嘆なら
 悲嘆を選ぶと言ったのは
 フォークナーだと思うけど
 ぼくは胸の痛みよりも
 生まれなかった方がいい
 そう願ってしまうのは
 生への許しがたい背信だろうか
 ぼくの哀しみは浅はかなものだ
 ぼくの寂しさはありふれたものだ
 ぼくのゆるやかな消失は
 選ばれなかった無と昵懇(じっこん)
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み