凡庸な詩人のさえずり

エピソード文字数 267文字

 眠りの前に詩を書いて
 目覚めた後にも詩を書こう
 ぼくには知識も才能もないし
 卓抜な比喩なんて思いつかない
 語彙にいたっては素寒貧(すかんぴん)
 とうに泉は涸れてしまって
 有り合わせの生き血だけで
 終わらない賭けに参加している
 息をするように詩を書くことで
 なにかが生まれるのを待つだけだ
 つまりはへぼ楽師(がくし)の即興演奏
 凡手の即興ほど退屈なものはない
 それでもぼくは詩人なのだ
 だれにも聞かれず読まれなくとも
 言葉に広がる空を見たときから
 詩で鳴く(うた)(どり)末裔(まつえい)なのだ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック