いままたひとり、詩を捧げたい人

エピソード文字数 210文字

 ぼくはずっと
 喪った人を
 去ってしまった人を
 いなくなってしまった人を想って詩を書いてきた
 いままたひとり
 詩を真っ先に読んでもらいたかった人が
 どこかへ姿を消してしまった
 たとえ寂しくとも
 その人の行く手に幸いがあるのならば
 その旅立ちを祝したいと思う
 それでも
 寂しさは枯葉のように積み重なっていくから
 未練がましいかすれ声の
 秋めいた弱さの詩を書くことを
 しばらくのあいだ許してほしい
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み