ありふれた神様

エピソード文字数 545文字

 ――あなたはだれ?
 ――だれだと思いますか。
 ――神様かな?
 ――残念ながら違いますね。
 ――じゃあ悪魔?
 ――惜しいけど、違います。
 ――だれだろう。
 ――他人ですよ。ありふれた他人。
 ――クソボケが。近寄るな。
 ――まあまあ、そう言わずに。きみは本当に、他人が心底嫌いなんですね。私はね、そんなきみに、魔法の薬を持ってきたのですよ。
 ――魔法の薬?
 ――そうです。見てください。これを飲めば、きみの世界から他人は消えます。もうきみを煩わせることはないし、悩ませることもない。きみにだれも触れることはない。きみは自由になれるのです。
 ――なんだ、やっぱり神様じゃないか。ずっと待ってたよ、あなたのことを。
 ――いますぐ飲みますか?
 ――もちろん。……うーん、味はいまいちだね。良薬口に苦し、ってところかな。
 ――…………。きみは、そんなにも他人を憎んでいるのに、どうしてそんなにも信じやすいのですか? それは、ただの毒薬でしかないのに……。
 ――わかってるよ、そんなことは。でも、死をもたらしてくれるのなら、それがだれであっても、神様だよ。あなたは自分が神様であることに、気がついていなかっただけだよ。ありがとう、神様。さようなら、神様。くたばれ、神様。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み