夜歩き

エピソード文字数 452文字

 寝床に横たわりながら
 眼を閉じて
 記憶と想像力を頼りに夜を歩く
 家から外に出て
 近所の通り道を散歩する
 雑念が入ると道が歪む
 風景の輪郭もかすんでしまう
 そうするとまた初めからやり直す
 夜は長い
 眠りにつくまでの空白は長い
 何度だってやり直す
 眼を閉じて記憶と想像力を研ぎ澄ます
 そうして失敗を重ねながら
 ようやく駅までたどり着く
 そこに来るまで得体のしれない影のような何者かとたびたび出くわすが
 雑念によるノイズとして捨て置く
 集中を途切らせずに無人の駅のホームで待っていると
 音もなく列車が停車する
 福音(ふくいん)のようなその方舟(はこぶね)
 喜びをひた隠しながら無表情で乗り込む
 列車の扉が閉められる
 列車がふたたび動き出す
 静かにわたしが(らっ)し去られる
 どこかへわたしが連れ去られていくのを
 駅にとどまったまま祝福して見送る
 そのあたりで
 わたしは気づかずにもう眠っている
 これが不眠に悩まされたときの
 わたしなりの安眠法である
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み