雪ふりつむ

エピソード文字数 134文字

 夢寐(むび)沫雪(あわゆき)ふりしきる
 (まぶた)の裏にふりつもる
 雪どけ水がほほをつたう
 涙は深雪(みゆき)
 美しい雪
 流れた悲哀を(さかのぼ)れば
 真白(ましろ)い景色に行き当たる
 吐息が白くいろづくほどの
 淡く哀しい
 ()ての景色
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック