挽歌とは

エピソード文字数 144文字

 江戸期の俳人が
 古老の死を悼んだ詩
 戦後期の詩人が
 母の死を悼んだ詩
 クーデターに揺れるタイの学生が
 殺された友を悼んだ詩

 詩は
 いなくなっただれかを悼むとき
 極限の相を見せる
 挽歌とは
 言葉を澄まさざるをえない
 ひとつの試みなのか
 想いを裏切りたくないならば
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み