エピソード文字数 222文字

 無がやってきた
 そうではない
 いつも片隅に
 うずくまっていた
 無はいつもそこにいた

 それで
 無はわたしにどうしてほしいのだろう
 そうではない
 無はなにも欲しない
 わたしは
 無にどう触れたいのだろう
 無と溶け合いたいか
 そうではない
 無に襲われたいか
 そうではない
 無と戯れたいか
 そうではない

 無はどこにもいない
 そうしていつもそこにいた
 そうではない
 わたしはいない
 無はいない
 そうではない
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み