透明な約束

エピソード文字数 355文字

 詩を読ませてくれ
 魂を奥底から震わせる
 世界でもっとも力強い言葉を

 詩を読ませてくれ
 心の痛みを生涯慈しむような
 世界でもっとも優しい言葉を

 でもぼくの魂をだれも知らないし
 ぼくさえもわからない
 でもぼくの心をだれも知らないし
 ぼくさえもわからない

 それならば自分で書こうじゃないか
 魂と心に問いかけながら
 言葉をひとつひとつ手探りして
 みっともない失敗を繰り返しながら
 他人からは戯言と言われ
 稚拙と罵倒され
 ついに誰からも読まれなくとも
 いまだこの世に存在しない
 ぼくが死ぬほどに恋い焦がれる言葉を
 この世界に生み出してみせようじゃないか

 これはぼくが
 ぼくの魂と心に誓ったこと
 世界とは関わりのない透明な約束
 詩人なら
 誰もがいつかは交わした約束
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み