肥大していく自意識のような手紙のような詩

エピソード文字数 951文字

 手紙の代わりに
 詩を書きました
 とてもとても暗い詩です
 あまりに暗いので
 あなたには見せられません
 でも正直に綴りました
 だからやっぱりあなたには見せられません
 そんな心配はしなくても
 どうせ届くこともないでしょう
 あなたにはもう
 ぼくの声は伝わりません
 二度と関わることもないでしょう
 月よりも遠くに感じます
 でも月のように
 こころの暗闇にいつも浮かんでいます
 たぶんあなたは
 ぼくのことを思い浮かべもしないだろうし
 顔もなにもかも忘れたかもしれませんが
 ぼくはあなたの言葉さえ
 一言一句きざまれているくらいだし
 この落差は
 たしかに月と人間のようです
 だって月は
 人間なんて気にしないでしょうから
 どれだけ人間が
 月に焦がれて関心を注いで
 夜毎に見つめ
 憧れて
 ついには宇宙船でたどりついて
 偉大な一歩を踏みしめても
 月は
 太陽よりもはるかにちっぽけな人間のことなんて
 気づくことすら難しいでしょう
 しかしこれではまるであなたを人非人扱いですね
 月のように懐かしく慕わしいと
 そう言いたかったはずなのに
 月のように隔たっていると
 そんなことしか言えないとは
 ぼくの詩はいつもこうなのです
 最初の想いはすっかりダメになってしまって
 急に現れた暗雲に乗っ取られるのです
 ぼくとあなたのあいだに暗雲が立ちこめたのは
 いつからでしょうか
 雲に覆われた月は
 なぜあんなにも魅惑的に輝くのでしょうか
 これではいつまでも埒があきませんね
 筆を置くことにします
 手紙を終えるように
 命も終えられたらいいのに

 P.S.
 自殺をほのめかしているわけではありません
 いや実はほのめかしました
 でもあなたにほのめかしたわけではなくて
 自分へのメッセージなのです
 どうせこれはあなたに届かない手紙代わりの詩なので
 やはり最後は自己との対話になるのです
 ぼくがぼくに言いたいことは
 早く死ねばの一言につきるのですが
 なぜだかまわりくどく迂回して
 愚痴っぽい詩をつくってしまうのです
 詩を断ち切るように
 命も断ち切れたらいいのに

 P.P.S.
 念押しですが自殺をほのめかしているわけではありません
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み