ティプトリー

エピソード文字数 668文字

 ティプトリー
 あなたの名前には鳥がいます
 もちろんそれは
 日本語だけの都合ですが

 ティプトリー
 それはジャムのブランド名だそうですね
 人格を剥ぎ取るようなあなたのユーモアに
 似つかわしいような気もします

 あなたは作品のなかで
 たびたび人類を滅ぼしましたね
 人間が嫌いだったのでしょうか
 それでいてなぜこれほど正義感が強く
 なぜこれほど死の痛みを描いたのでしょうか

 “……いや、それより、この痛みがなぜ消えないかだ。痛みに耐えて生きてゆくか、あるいは痛みを忘れ、そのうちいなくなってしまうかなのだ”

 あなたのこんな文章を読むたびに
 あなたの最期について思います
 病床の夫を射殺した後
 自分の頭を撃ち抜いたそうですね
 伴侶の死と
 自分の死の
 そのはざまのわずかなひとときに
 あなたがなにを考え
 なにを想い
 どんな痛みを感じたか
 それについてよく考えます
 匿名を望んだあなたにとっては
 はた迷惑な想像でしょうけど

 “凍りつくアンモニアの空を飛ぶ鳥さえ名前を呼ぶというのに、どうしてテラが死ぬでしょうか”

 ティプトリー
 あなたの名前には鳥がいます
 もちろんそれは
 日本語だけの都合ですが

 地球(テラ)はまだ死んでいませんが
 あなたはずいぶん前に死にました
 しかしあなたの言葉はまだ残っているし
 あなたの夢に救われる人もいます
 痛みを忘れないだれかがいるかぎり
 どうしてあなたが死ぬでしょうか
 と
 そんな無意味で馬鹿げたことを
 時おり考えてしまいます
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み