死にたがり暦歌

エピソード文字数 468文字

 一月は凍死
 吹きすさぶ寒風が年明けのめでたさに人を殺す

 二月は殉死(じゅんし)
 場違いな忠義がおのずから燃えあがって人を殺す

 三月は餓死
 見捨てられた空白が春風を伴って人を殺す

 四月は狂死
 暖かな気候がこころくるめかせて人を殺す

 五月は頓死(とんし)
 去年からの憂鬱が満開に花ひらいて人を殺す

 六月は慘死(ざんし)
 梅雨時(つゆどき)の殺意が湿り気を帯びて人を殺す

 七月は熱死
 失われた慈雨(じう)が五体を(かつ)えさせて人を殺す

 八月は溺死
 反魂(はんごん)水気(みずけ)衆生(しゅじょう)を呑み込んで人を殺す

 九月は圧死
 立ち遅れた残暑が群衆を煽らせて人を殺す

 十月は枯死(こし)
 秋めいた流行(はや)(やまい)が黄昏を患わせて人を殺す

 十一月は刑死
 消えることのない過去が罪の威を借りて人を殺す

 十二月は自死
 歳月の重みが生きることを(いと)わせて人を殺す

 もちろんのことですが
 年間に起きる人死(ひとじ)には
 いちダース程度では済みません
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み