見放された詩

エピソード文字数 222文字

 詩の言葉はどれだけ錯乱していて不明瞭でも
 自分にだけは通じると思っていたのに
 明らかなつまずきによって
 叙情も論理も分裂した詩を書いてしまって
 ついにみずから見放してしまった

 詩人からも見放された
 かわいそうな詩
 虐待された言葉
 なぜ生まれたのかと問えば
 失敗のためだと唾をかけられる
 報われない被造物

 なにかを創るということは
 残虐非道な神としての
 ごろつきのような父性を強いられる
 そんな危険と隣り合わせだ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み