ポケットのなかの冬と夏

エピソード文字数 150文字

 ポケットに冬を入れて
 砂場の外に旅立った
 破れ目から風が吹き込む
 ポケットのなかに雪が降り
 ぼくの頭上は雲ひとつない晴天だった
 この世界をポケットに入れた持ち主は
 ぼくと違って
 夏を選んだらしい
 ポケットのなかのぼくのポケットには
 夏のなかの冬がある
 炎天下の吹雪が渦巻いている
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み