外は牢獄

エピソード文字数 245文字

 外が牢獄に思える
 鉄格子はない
 塀もない
 晴れわたった青空と
 どこまでもつづくような道
 木漏れ日を泳ぐような子どもたち
 路辺で風に揺られる花々
 穏やかな正午の外景
 この景色を目の当たりにして
 牢獄のようとしか感じられないのは
 いかなるこころの作用によるものか
 通りすぎる人たちとの隔たり
 光さすありふれた日常との乖離(かいり)
 とらわれるまでもなく
 ぼくは影絵の囚人だ
 認識による服役囚だ
 広やかな並木道を歩いていても
 独房の四辺をなぞっているにすぎない
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み