きみは心臓を見たか

エピソード文字数 331文字

 きみは心臓を見たことがあるか
 きみ自身の脈打つ心臓を
 きみの身近で忘れがちな隣人
 きみの律動の静かな語り部
 きみの呼吸の調律師
 きみのこころは頭にあるか
 胸にあるか
 爪先(つまさき)にあるか
 それはわからないが
 きみの心臓は胸にある
 きみは皮膚と肋骨によって心臓と隔てられている
 きみの(せわ)しない中枢は
 きみのこころのように常に動いている
 きみとこころを隔てているものはなにか
 きみのこころを幽閉しているものはなにか
 いかなる皮膚と肋骨によるものか
 いかなる禁忌によるものか
 きみは心臓とこころのどちらに
 近くて遠い寂しさをより感ずるか
 きみの心臓がいつか止まったとき
 きみのこころはどんな(かお)で静止するのか
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み