鳥詩

エピソード文字数 285文字

 鳥詩(ちょうし)
 超死(ちょうし)
 鳥への弔詞(ちょうし)

 鳥詩(ちょうし)
 蝶死(ちょうし)
 鳥への弔詞(ちょうし)

 (からす)がわたしに教えてくれた
 (つぐみ)鶺鴒(せきれい)はクズ野郎
 (すずめ)時鳥(ほととぎす)は裏切り者
 (はと)女衒(ぜげん)の色情狂
 (しぎ)(かもめ)はおたんこなす
 (わし)の愚かさ天井知らず
 (たか)のメンタル木綿豆腐
 (つる)(うぐいす)のろまの極北
 ああ鳥なんて
 ろくなもんじゃない

 人間すべてを罵るみたいに
 鳥をこよなく罵倒して
 死にかけの鴉が死んでいった
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み