寂しい殉教者

エピソード文字数 295文字

 見慣れた景色が崩れはじめる
 それは寂しい殉教者の叫び
 手にした想いが腐りはじめる
 それは寂しい殉教者の祈り

 風にさやぐ葉の一枚一枚は
 人格を持った言葉の断片
 空の淡さの秒刻みの推移は
 死んだだれかの眠りの表情

 糸が見える
 どこかへつづいている
 たどってみる
 見つけてしまう

 見つけられたものは何だったのか
 そのために生存を捧げているところの
 愚かしい影の論理とは
 狂おしい恋の反響とは
 果たして何であったのか
 何であり得たのか

 光が眼を焼く
 眼は捨てた
 言葉が眼を焼く
 眼は捨てた
 眼のない魂でうつむきつづける
 寂しい殉教者に救いあれ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み