ボトルシップ

エピソード文字数 339文字

 瓶の中に碇泊している帆船
 初めてボトルシップを見たとき
 胡桃(くるみ)の中の世界を覗き見たような眩暈(めまい)に襲われた

 帆船のマストをよじ登り
 彼方まで広がる海原(うなばら)を見晴るかす
 まだ見ぬ大陸を夢みながら
 でもそこは瓶の中なんだ
 きみの希望を託された紺碧(こんぺき)の海は
 きみの全世界といえる永遠の青は
 きみの苦手な酔っ払いの船員が持ち歩く
 あの酒瓶と同じ程度の広がりしかないんだ
 きみの夢はそんなものなんだ
 そしてきみはある日に夕暮れの海洋と死に魅せられて
 自ら帆船を飛び降りてしまう
 でもきみの死を包むはずの永遠は
 瓶の中の海でしかなかった
 世界の果てのガラスにようやく気づきながら
 きみは虫けらのようにもがきながら溺れ死ぬ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み