接触

エピソード文字数 375文字

 接触に
 意味があるとは思えない
 触れたところで
 どうなるものでもないだろう
 なぜみんなは
 不可解なくらいに
 そんなにお互いに触れたがるのか
 小さなころから不思議だった
 だれにも触れず
 だれからも触れられずに生涯を全うできれば
 それに越したことはないのではないか

 無菌室にいたいわけではない
 試験管に残りたいわけではない
 でも接触は
 ごめんこうむりたいな
 手を触れないでほしい
 眼を向けないでほしい
 話しかけないでほしい
 笑いかけないでほしい
 ぼくも触れないから
 わたしも触れないから
 きみもあなたも
 触れないでほしい

 近づきたいと
 初めて思えた相手はいなくなった
 もう接触に
 意味はない
 価値はない
 望みはない
 欲しくもない
 大気圏外の無音の真空
 そんな場所でなら眠れるかもしれない
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み