何を見ても何故だか暗くなる

エピソード文字数 278文字

 子どもはしきりに
 なにかを報告したがる
 今日が誕生日なの
 と人懐っこい女の子に言われた
 何才になるの?
 と訊き返した
 四才
 と言って
 両手の指を四本ずつ立てた
 それだと八才だよ
 と言うと
 不思議そうに眼を丸くして
 けらけら笑った

 この子がおばあさんになっても
 自分の誕生を素直に祝福できるような
 そんな世の中だったらいいのになと
 なにを見ても暗くなる自分は
 子どもを見てさえ相変わらずだった
 何を見ても何かを思い出す
 ヘミングウェイの短篇の題だ
 何を見ても何故だか暗くなる
 自分につきまとう憂鬱の(しるし)
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み