心を散らしたまま

エピソード文字数 180文字

 希望が失せたことに慣れると
 腐ることに安住する
 索漠と
 道を失ったまま止まってる
 どの方向に進んで死のう?
 選択も無意味にしか思えない
 それでも死ぬまでは自由を仮装して
 動いているふりを続けなければならない
 心を散らしたまま言葉を書いている
 集中せずに書くことで
 弛緩した詩を試せないものか
 寄り道はすべきだ
 目的はもうなにもないから
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み