ハーブティー

エピソード文字数 398文字

 初恋の死体が客間に転がっている
 急の来客により
 とりあえず浴室に放り込む
 お慕い申し上げている相手とハーブティーを楽しむ午後のひととき
 なんだかこのお茶、血の味がしますね
 なぶるように笑っている来客の一言
 気のせいですよ、と答えながらカップを持つ手が震える
 浴室の方からなにかが倒れるようなけたたましい物音
 オットセイが寝返りを打ったような、いまの音はなんでしょう
 気遣わしげに笑っている来客の一言
 猫でも迷いこんだかな、とヤケクソになりながら窓の外を眺める
 べとついた足音が客間に迫る
 振り返ると
 初恋の死体が扉を開けて入ってきた
 惨たらしくも美しく死んでいる、この方はどなたでしょう
 笑いながら怒っているような来客の一言
 もういいや、きみも座りなよ、と諦めて初恋の死体にお茶を用意する
 そのかわりハーブティーを飲み終わったら
 ちゃんとまた死んでくださいよ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック