魚のストレス

エピソード文字数 191文字

 水槽の外を
 泳ぐように歩く人びと
 それは彼岸の亡者たち
 境界の外側の天使たち

 この蒼い小宇宙は
 四隅まで憂鬱が満ちている
 視界は常に溶けている
 情緒は常に浮いている

 透けた外壁を
 時おりだれかが叩く
 水のかすかな震動
 他者の気まぐれな訪れ

 その優しい手で
 ガラスを砕いてはくれないだろうか
 渇きにのたうちまわりながら
 涙を流して死に感謝するのに
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み