帰らぬ秋

エピソード文字数 354文字

 帰らぬ秋を
 言葉で呼び戻せるだろうか

 生涯に一度きりの秋
 神の肋骨(あばらぼね)瞥見(べっけん)したような季節
 光は柔らかく
 雨は(かそ)けく
 鬼が殺された後のような
 嘆きの風が吹いていた
 紅葉(こうよう)枯葉(かれは)のシンフォニー
 秒刻みに痙攣(けいれん)しつづける黄昏(たそがれ)
 人々から顔が(うしな)われ
 歩く墓石(はかいし)のように並木道をただよう
 そうして秋は
 放逐(ほうちく)された死と手に手をとって
 すれ違いざまに息を吹きかけて通りすぎていった

 秋は
 もうぼくを忘れてしまったか

 秋は
 振りかえることを禁忌のように怖れているのか

 叩き折られた指でアルバムをめくりながら
 無感動な血で記憶を汚しながら
 帰らぬ秋を
 ぼくは待っている
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み