焼きついたもの

エピソード文字数 367文字

 彼女の面影はいついつまでも
 消えなかった
 眼の奥底に取り憑いたまま
 離れることはなかった

 彼女の静謐(せいひつ)な残響が
 耳朶(じだ)を震わせる
 彼女の死にたがるようなささめごとが
 こころに書きつけられる

 (おしで)のごとく彼女の存在は
 ぼくの薄っぺらな五体に焼きつけられている
 彼女と親しくなったときから
 ぼくの記憶は果実の核のように
 彼女を中心として組み直された
 彼女と会えなくなったときから
 ぼくの記憶は人生における死のように
 彼女を絶対の余白として組み直された

 眼が潰れてしまっても
 彼女の面影だけはぼくのものだ
 こころが反古(ほご)のように引き裂かれても
 彼女のささめごとだけはぼくのものだ
 死にたがっていた彼女の
 明るく寂しい声の記憶は
 墓場の下にあってもぼくのものだ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み