一人暮らしのアキレス

エピソード文字数 356文字

 信じられないことに
 自分の家のなかで迷子になってしまった
 宮殿でも屋敷でもない
 ひっそりとした六畳一間で
 ぼくは迷子になってしまった

 ベランダに通じる奥の窓
 その向いに歩いていけば
 扉までは一直線だ
 ところがいつまで歩いても
 扉は姿を現さず
 部屋が際限なく伸びていく
 コンビニ弁当の残骸
 あちこちに散らばった学術書
 寝心地の悪そうな万年床
 なじみのわびしい風景が
 樹海のように広がってゆく
 歩けども歩けども
 弁当・学術書・万年床の繰り返し

 アキレスと亀の話を思い出す
 あのパラドックスは
 どこに誤りがあるんだっけ
 二日酔いの頭脳で早く思い出さないと
 いつまで経ってもぼくは
 このわびしい一人住まいのアキレスは
 あたたかい団欒(だんらん)という亀に追いつけない
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み